イソフラボンをもっと知ろう

イソフラボン_イメージ

大豆イソフラボンの含有量は食品によって違う

大豆イソフラボンの含有量は食品によって違う

大豆イソフラボンは食品によって含有量は大きく違ってくるものです。
納豆、煮大豆、味噌汁などの調理法によっても含有量は大きく変化していきます。
こうしたイソフラボンの含有量の違いに対して注目していくことによって、効率的にたくさんの成分を摂取していくことが可能になっていきます。
納豆(1パック45g)であればイソフラボンの含有量は約36mg,
煮豆(30g)であれば約13mg.味噌汁(1杯20g)であれば約6mgです。
こうした違いには、サプリメントからあとどれだけ成分を摂取すればよいのかということにおいても大切です。

イソフラボンサプリメントとして摂取する際はだいだい30mgが目安といわれています。
こうした成分量をきちんと理解しておくということは、大事なことです。
イソフラボンを多く含む食品はこちらをご覧ください。
同じイソフラボンサプリでも多くの成分が含まれているものを購入していくことによって、大きなメリットを期待していくことが出来ます。


イソフラボンを含むたくさんの製品のなかには、更年期障害の改善に特化したものや、美容効果に優れたものがあります。
どのような目的でイソフラボンを摂取するのかにおいては自身で見極める必要があります。
食生活が和食傾向にある人は、イソフラボンサプリの含有量は少なめにし、食生活が欧米よりの人は多く摂る必要があります。
こうした成分量の違いをきちんと知っておくことによって、大きなメリットを得ることが出来ます。

しかし、なにもサプリメントだけに頼る必要もなく、1日の食事に豆乳を1杯プラスするだけでも違います。
調整豆乳(200g)には約41mgのイソフラボンが含まれておりますので、手軽に摂取したい方にもおすすめです。

このように、たくさんの製品があることからも含まれている量の違いを知ることは重要です。
イソフラボンの大豆アレルギーへの副作用はこちらをご覧ください。